商品お届けの注意事項

万能書店の商品はすべて受注生産品です。ご注文を受けてから商品の製作をおこなう為、商品のお届けまでは日数を頂戴しています。

会員ログイン

ログイン 会員登録

キーワード検索

検索

企業バナー

 
 
 
 
 
 
 
 
お知らせ

2020/07/29
万能書店 新規登録コンテンツのご案内 (2020年7月29日)

平素よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。
「万能書店」です。

全国的にコロナウイルスの感染者増大が懸念される日々となっておりますが、
普段から引き続き三密を避けて行動したいですね。

現実的には大きな旅行を出来るタイミングではございませんが、
まちごとパブリッシング発行の中国を中心にした旅行書籍を少しずつご紹介します。

是非この機会に、会員登録をされましてのご購入をお願い申し上げます。



【オンデマンド新刊情報】


●地図・ガイド・旅行ガイド

「新版 重慶001はじめての重慶 〜内陸中国、第4の「直轄市」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「重慶のいろは」をサクッと紹介【20分でわかる重慶】
  上海から上流にさかぼること2500km。重慶は重工業の発達した内陸中国最大の都市として知られます。
  日中戦争時に蒋介石が都をおいた歴史、また開発区の両江新区にもふれ、
  はじめてこの街を訪れる人向けに、重慶の魅力を14のポイントにしぼって案内します。
  かんたんな図版、地図計17点収録(重慶002〜005と一部内容と図版、地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010424


「新版 重慶002重慶市街 〜「崖の上」の摩天楼へ」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  嘉陵江と長江の合流地点に開けた山城重慶。朝天門や湖広会館の立つ下半城と、
解放碑、国泰芸術中心の立つ上半城ではその高低差が60mになり、
棒棒と呼ばれる労働者が荷物を運ぶ姿はこの街の名物として知られていました。
この棒棒たちに愛されて広まったのが、真っ赤なスープに薬味を入れて食べる「重慶火鍋」で、
今では重慶の代名詞とも言える食べものとなっています。
高層ビルが林立し、摩天楼を描く重慶市街を豊富な図版とともに案内します。
かんたんな図版、地図計20点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010425


「新版 重慶003三峡下り(重慶〜宜昌) 〜長江「悠久」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,500円(本体価格)

  歴史と文学に彩られた長江三峡。
重慶から下流の湖北省宜昌までの650kmには名勝や景勝地が多く点在します。
李白や杜甫など数々の詩人が詠った瞿塘峡、巫峡、西陵峡、
中国の国家プロジェクト三峡ダム建設の経緯など、
三峡の美しい自然や歴史、文化を豊富な図版とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計13点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010426


「新版 重慶004大足 〜天国と地獄の「石刻絵巻」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,950円(本体価格)

  重慶市西部に集中的に残り、世界遺産にも指定されている大足石刻。
70年の月日をかけて彫られた宝頂山石刻、この地の節度使によって造営がはじまった北山石刻。
大足では、シルクロードや華北で造像が見られなくなった唐末から五代、
宋にかけて彫られた仏像が残り、いきいきとした造形、鮮やかな彩色をもつ石刻群は、
中国後期仏教石刻の傑作にあげられます。
大足五大石刻(宝頂山、北山、南山、石門山、石篆山)と、
これら石刻への起点となる大足市街を紹介します。
かんたんな図版、地図計13点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010427


「新版 重慶005重慶郊外と開発区 〜山城とりまく「衛星巨群」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  嘉陵江北岸の「観音橋」、長江南岸の「南坪」、西郊外の「沙坪壩」、南西の「楊家坪」。
山城重慶を囲むように位置するこれら新市街は、近年めざましい発展を見せ、
市街中心部の解放碑をあわせて重慶五大商圏と呼びます。
また重慶の金融センター「江北嘴」、高鉄の発着する「重慶北駅」はじめ、
重慶市域の拡大、郊外の都市化が進んでいます。
これらの新商圏と明清時代の街並みが見られる「磁器口」、
陪都時代に蒋介石の官邸がおかれた「黄山」など、重慶郊外と開発区の見どころを紹介します。
かんたんな図版、地図計21点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010428


「新版 山東省001はじめての山東省 〜青島・煙台・済南・泰山・曲阜」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「山東省のいろは」をサクッと紹介【30分でわかる山東省】
ひとつの山とひとつの河がある省。泰山と黄河を擁する山東省は、
黄河文明を象徴する地として春秋戦国時代から高い文化を誇っていました。
孔子と儒教の故郷「曲阜」、中華屈指の聖山「泰山」、
漢代から名前が知られる省都「済南」はじめ、沿岸部には美しいドイツ風の街並みが残る「青島」、
山東半島北岸の港町「煙台」などが位置します。山東省とこの省の街の魅力を紹介します。
かんたんな図版、地図計10点収録(山東省002〜009と一部内容と地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010429


「新版 山東省002はじめての青島 〜「異国情緒」あふれる黄海のほとりで」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「青島のいろは」をサクッと紹介【30分でわかる青島】
ドイツ風の赤屋根建築、教会がならび、美しいビーチと樹木に包まれた青島。
本場ドイツ仕込みの青島ビールが街のいたるところで飲め、
黄海で育まれた豊かな海鮮料理も味わえます。
旧ドイツ租界のあった「広西路」、里院と呼ばれる建物を残す「大鮑島」、
20世紀初頭の別荘地「八大関」、新市街の「香港中路」、
青島の郊外の景勝地「ロウ山」など、青島の見どころを案内します。
かんたんな図版、地図計11点収録(山東省003〜004と一部内容と図版、地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010430


「新版 山東省003青島市街 〜「ドイツ発」ビールと赤屋根と」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  赤いとんがり屋根、青い海、街をおおう緑。
1898年からドイツの植民都市として建設された青島では、
中国にありながらヨーロッパ(ドイツ)を感じられる美しい街並みが見られます。
ドイツ風建築が残る「広西路」、青島黎明期からの民居里院が続く「大鮑島」、
蒋介石と宋美齢らが過ごした別荘地の「八大関」、
世界的ブランドの「青島ビール博物館」など、青島市街部を豊富な地図とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計22点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010431


「新版 山東省004青島郊外と開発区 〜海岸線にそって「美しい青島」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,800円(本体価格)

  20世紀末から開発が進められた新市街の「香港中路」は、
今では青島の政治、経済の中心地となっています。
また青島東郊外に位置する「ロウ山」は道教発祥地にもあげられ、
風光明媚な景勝地が点在します。
青島ビール祭りの行なわれる「石老人」、韓国人も多く暮らす「李村」、
膠州湾口の対岸に位置する「開発区」など、青島郊外の街や見どころを紹介します。
かんたんな図版、地図計19点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010432


「新版 山東省005煙台 〜ブドウ酒と「海市蜃楼」求めて」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,300円(本体価格)

  1861年、山東省ではじめて開港された煙台は、
西欧人から「芝罘(チーフー)」と親しまれ、
当時の近代建築が埠頭に残っています。
渤海沿岸のこの地域は、古くは秦の始皇帝が三度訪れて刻石を残し、
その後、煙台北西65kmの蓬莱(登州)が中心地となり、
607年、遣隋使の小野妹子も上陸しています。
山東省第2の港町の「煙台」、蜃気楼の名所としても知られる「蓬莱」、
日清戦争の舞台となった「威海」をあわせて紹介します。
かんたんな図版、地図計20点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010433


「新版 山東省006臨淄 〜栄華きわめた春秋戦国「斉の都」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,000円(本体価格)

  紀元前11世紀、周建国最大の功労者であった太公望が封じられた臨淄。
以来、斉の都となり春秋五覇のひとり桓公を輩出し、
戦国時代(紀元前4世紀)には「臨淄城は戸数七万、町は富み栄えた」と伝えられます。
また儒家、道家、墨家、法家などの諸子百家が集まり、
各々が自由な思想を唱えた「稷下の学」も知られています。
点在する春秋戦国、秦漢時代の遺構、新興工業都市としての臨淄も案内します。
かんたんな図版、地図計15点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010434


「新版 山東省007済南 〜黄河と泰山はざまの「山東省都」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,700円(本体価格)

  済南という地名は漢代に現れ、明清時代に山東省の省都となって、
華北有数の繁栄を見せていました。
街のいたるところに泉が湧くことから「泉城」とも呼ばれ、
大明湖や千仏山といった景勝地でも知られています。
明清時代の面影を残す「済南旧城」、近代、西欧との貿易のためにつくられた「商埠地」、
東西郊外の「開発区」はじめ、拡大する省都済南の見どころを豊富な地図とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計28点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010435


「新版 山東省008泰山 〜天地爻わる「至高の聖山」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,100円(本体価格)

  黄河がつくる平原地帯のなかで、ひときわ高くそびえる泰山。
微動だにせずたたずむこの山は、「泰斗」や「泰山のごとし」といった言葉でも知られ、
比類なきもののたとえとされます。
中華全土を統一した秦の始皇帝は、紀元前219年、泰山に登って封禅を行ない、
以後の中国皇帝も続いて、その地位は不動のものとなりました。
麓の泰安から山頂へ続く6366段の石階段、
8938mの距離の途上に点在するさまざまな寺廟や景勝地を紹介します。
かんたんな図版、地図計18点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010436


「新版 山東省009曲阜 〜儒教の聖地「孔子故里」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  今から2500年前、孔子が儒教の教えを説いた山東省の古都曲阜。
街の中心には、孔子をまつる「孔廟」、孔子の子孫が暮らした「孔府」が残り、
また北郊外には孔子の墓の「孔林」が位置します。
これらは「三孔(曲阜の孔廟、孔林、孔府)」として世界遺産に登録され、
ほかにも顔回や孟子といった儒教ゆかりの見どころが、曲阜やその郊外に点在しています。
儒教に彩られた曲阜の街を、豊富な図版とともに案内します。
かんたんな図版、地図計22点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010437


「新版 福建省001はじめての福建省 〜福州・厦門・泉州と客家土楼」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  台湾海峡の西側、中国東南沿岸部に位置する福建省。
海の幸をふんだんに使った海鮮料理や、烏龍茶が発明された茶どころとしても知られます。
明清時代よりこの省の中心で、古刹や史跡の多い「福州」、
西欧の洋館やヤシの木揺れる砂浜の見られる「厦門」、
海のシルクロードの起点としてマルコ・ポーロが絶賛した「泉州」、
山間部に残る円形集合住宅の「客家土楼」など、福建省の魅力を紹介します。
かんたんな図版、地図計13点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010438


「新版 福建省002はじめての福州 〜「山海の幸」あふれる省都」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「福州のいろは」をサクッと紹介【30分でわかる福州】
福建省の省都で、政治、経済、文化の中心地の福州。
紀元前202年に街がつくられて以来、2000年以上の歩みをもち、
古い時代の面影を残す「三坊七巷」が市街中心部に位置します。
また福州は東海を通じて琉球国や江戸時代の長崎に多大な影響をあたえた
福州華僑を輩出した街としても知られます。
豊かな食文化や仏教寺院の残る福州をざっくりと案内します。
かんたんな図版、地図計17点収録(福建省003〜004と一部内容と図版、地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010439


「新版 福建省003福州旧城 〜ガジュマル茂る「花の都」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,800円(本体価格)

  街のいたるところにガジュマル(榕樹)が見られる緑豊かな福州。
北宋時代の1066年、太守張伯玉が住民に植えることを推奨して以来の伝統だと言います。
古い街並みを再現した「三坊七巷」、
仙人伝説の残る「于山」や「烏山」などの景勝地を抱え、
福建省の省都として、政治、経済、文化の中心地である福州を案内します。
かんたんな図版、地図計13点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010440


「新版 福建省004福州郊外と開発区 〜「閩(ビン)江」の流れとともに」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,850円(本体価格)

  福建省の半分をしめる流域面積をもつというビン江。
このビン江が東海にそそぐ河口部に福州は開けました。
風に乗って東海を渡った琉球人が暮らした「柔遠駅(福州琉球館)」、
福建省を代表する名刹で空海も訪れたという「鼓山涌泉寺」、
福州の外港で海のシルクロードの舞台にもなった羅星塔の立つ「馬尾」。
拡大を続ける福州の街と郊外の見どころを紹介します。
かんたんな図版、地図計15点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010441


「新版 福建省005武夷山 〜幻の「烏龍茶」育む閩(ビン)奥へ」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  福建省と江西省の境を走る武夷山脈。
武夷山はその一角に位置し、「丹山碧水(赤い山と青い水)」が織りなす
神仙世界が広がっています。
9度その流れを変える九曲渓、玉女峰、大王峰などの名峰や奇岩がつくる世界は
多くの文人をひきつけ、武夷山で育まれた岩茶「大紅袍」は
中国茶の最高峰として知られています。
この自然を愛した朱子学の創始者朱熹、
またこの地で産出される武夷茶(烏龍茶)の魅力をあわせて、
世界複合遺産の武夷山を案内します。かんたんな図版、地図計13点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010442


「新版 福建省006泉州 〜海のシルクロード「出発地」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,100円(本体価格)

  宋元(10〜14世紀)時代の泉州は、ジャンク船が行きかい、
人種や宗教の異なる人びとが一堂に集まって暮らす当時、随一の国際都市でした。
その様子を中世の旅人マルコ・ポーロは「アレクサンドリアの百倍にあたる百隻の船が入港する」と
絶賛しています。中国仏塔の最高傑作が見られる「開元寺」、
アラビアのモスクを模して建てられた「清浄寺」、
見事な石づくりの「洛陽橋」など、泉州に残るたくさんの見どころ、
また泉州華僑を通じて台湾や東南アジアへも広がったビン南文化を紹介します。
かんたんな図版、地図計17点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010443


「新版 福建省007厦門 〜ヤシの木揺れる「海上の美都」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  福建省南部最大の港町厦門(アモイ)。
古くは南海と東海を自由に往来する海賊たちの拠点があり、
『国性爺合戦』の主人公鄭成功ゆかりの地としても知られます。
1840〜42年のアヘン戦争以後に西欧諸国が築いた美しい街並みが残る
「鼓浪嶼(コロンス島)」、また厦門料理の店や大型ショッピングモール、
高層ビル群の立つ「厦門島」を中心に、
中国でも人気の高い観光地の厦門を豊富な地図とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計18点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010444


「新版 福建省008客家土楼 〜永定・南靖・華安と「福建土楼」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  福建省山間部に点在する円形や方形の土楼群。
古い中原の文化や言語を守りながら生活する、
客家の人びとが暮らすことから客家土楼の名前で知られます。
建物そのものが風水八卦の要素をもつ振成楼の位置する「洪坑土楼群」、
最大で600人が暮らした円形土楼の承啓楼を擁する「高北土楼群」、
4つの円楼が1つの方楼を囲む「田螺坑土楼群」、
土楼の王さま二宜楼を抱える「大地土楼群」を中心に、
世界遺産にも指定されている福建土楼を案内します。
かんたんな図版、地図計22点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010445


「新版 江蘇省001はじめての江蘇省 〜蘇州・揚州・鎮江・南京」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「江蘇省のいろは」をサクッと紹介【30分でわかる江蘇省】
上海に続く発展を見せている江蘇省。
長江デルタに位置するこの地は、古くから江南文化を花開かせ、
中国でもっとも豊かな場所と知られてきました。
世界遺産の庭園が残る「蘇州」、遣唐使ゆかりの「揚州」、
長江と運河の交わる「鎮江」、江南の帝都「南京」を案内します。
かんたんな図版、地図計9点収録(江蘇省002〜011と一部内容と図版、地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010446


「新版 江蘇省002はじめての蘇州 〜中国庭園と鐘の鳴る「古都」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,500円(本体価格)

  「蘇州のいろは」をサクッと紹介【20分でわかる蘇州】
世界遺産に指定された古典園林群が残る蘇州は、
2500年も街が続く江南屈指の古都として知られます。
街の縦横に運河がはりめぐらされた様子から「水の都」とたたえられ、
明清時代、蘇州は最高の繁栄を見せていました。
はじめて蘇州を訪れる人におすすめする「17のポイント」を地図、写真とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計20点収録(江蘇省003〜004と一部内容と図版、地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010447


「新版 江蘇省003蘇州旧城 〜「江南文雅」と水をたたえる都」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「水の蘇州」と謳われたこの都は、春秋時代の呉の時代に創建されて以来、
2500年も街が続く江南屈指の古都です。
その豊かさから「天に天堂、地に蘇杭あり
(天に天堂があり、地にはそれに準ずる蘇州と杭州がある)」の言葉でも知られていました。
雅な江南文化に彩られた蘇州の街を中国庭園や伝統工芸とともに紹介します
(寒山寺、虎丘、留園は『江蘇省004蘇州郊外と開発区』の収録になります)。
かんたんな図版、地図計12点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010448


「新版 江蘇省004蘇州郊外と開発区  〜「長江デルタ」過去から未来へ」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  蘇州城外には、この地に南巡した皇帝が必ず訪れた「呉中第一の勝景」虎丘、
また漢詩『楓橋夜泊』や『蘇州夜曲』で詠われた古刹寒山寺が位置します。
一方で、蘇州旧城の東西にはふたつの開発区が設けられ、
蘇州は躍進する長江デルタの経済中心地へと成長しています。
蘇州郊外に残る豊かな自然や名勝を図版と写真をあわせて案内します。
かんたんな図版、地図計12点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010449


「新版 江蘇省005無錫 〜「太湖湖畔」風光明媚の地」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  江南の真珠にもたたえられる太湖にのぞむ無錫の街。
京杭大運河が走るこの街は豊かな自然を抱える一方、
近代の中国民族資本、20世紀末の郷鎮企業の二度に渡って
中国を先導する工業化が行なわれた街としても知られます。
東林書院、崇安寺歩行街や南禅寺商場、南長街といった無錫の見どころを案内します。
かんたんな図版、地図計9点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010450


「新版 江蘇省006揚州 〜「遣唐使」訪れた佳麗の地」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,800円(本体価格)

  風流な江南文化を伝える古都揚州。
運河を切り開いて北中国と南中国を結んだ隋の煬帝が豪華絢爛な江都宮(揚州)で
晩年を過ごしたほか、中国の文化や政治制度を学ぶための遣唐使が
目指した港町としても知られます。
清代、「富その右に出ずる者なし」と言われた塩商たちによって造営された邸宅や庭園、
鑑真ゆかりの大明寺も残る揚州を案内します。
かんたんな図版、地図計15点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010451


「新版 江蘇省007鎮江 〜長江と大運河の「黄金十字路」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,700円(本体価格)

  中国東西を流れる大河長江と、隋の煬帝によって拓かれた南北大運河が交差する街、鎮江。
長江にのぞむようにそびえる金山、北固山、焦山が美しい山水を織りなし、
孫権や劉備の活躍した『三国志』ゆかりの街としても知られます。
歴史と文学、自然に彩られた鎮江を『白蛇伝』や雪舟などの小話とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計10点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010452


「新版 江蘇省008はじめての南京 〜江南の帝都「ナンキン」へ」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「南京のいろは」をサクッと紹介【30分でわかる南京】
江蘇省の省都にして、南中国でもっとも由緒ある街の南京。
三国呉孫権以来の六朝、文房四宝や纏足で知られる南唐、
そして朱元璋の明の首都がおかれ、皇帝の都は近代以降、
太平天国や中華民国の首都となったことでも知られます。
豊富な観光遺産を抱える南京、
この街をはじめて訪れる人におすすめする「30のポイント」を地図、
写真とともに紹介します。
かんたんな図版、地図計12点収録(江蘇省009〜011と一部内容と図版、地図が重複します)。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010453


「新版 江蘇省009南京旧城 〜南中国と「秦淮の世界」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,000円(本体価格)

  北京、西安、洛陽とともに中国四大古都のひとつにあげられる「南の都」南京。
華やかな文化を咲き誇らせた六朝貴族、
科挙合格を目指して貢院(試験場)に集まった文人、
美しく着飾った妓女たち、南海へ繰り出した鄭和、
「中国の革命の父」孫文といった人々が南京を舞台に活躍しました。
艶やかで、多彩な魅力をもつこの南京旧城を案内します
(明故宮・紫金山は江蘇省010、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は江蘇省011に収録)。
かんたんな図版、地図計15点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010454


「新版 江蘇省010南京紫金山と下関 〜「国父」眠る旧都で」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,700円(本体価格)

  豊かな自然に包まれ、南京を象徴する山として知られる紫金山。
諸葛孔明が「龍がとぐろを巻く地」と語り、
山の斜面を利用した「国父」孫文の中山陵、世界遺産の明孝陵が残っています。
蒋介石による南京国民政府の政府機能がおかれた明故宮跡、
中国最大の河港である南京港、壮大な橋梁の南京長江大橋など、
紫金山、明故宮、玄武湖、中山北路、下関といった南京市街の東側と北側を案内します。
かんたんな図版、地図計14点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010455


「新版 江蘇省011雨花台と南京郊外・開発区 〜長江ほとり広がる「田園都市」」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 1,600円(本体価格)

  「南朝四百八十寺、多少の楼台烟雨の中」
(『江南春』)と晩唐の詩人杜牧が詠んだように、
南京は仏教文化の咲き誇る南朝の都でした。
郊外であったゆえに残ったという南朝陵墓の石獣や棲霞寺といった南朝ゆかりの景勝地、
不幸な日中近代史の傷跡を伝える侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館、
郊外に位置する数々の開発区。南京市街の南側と西側、郊外を案内します。
かんたんな図版、地図計14点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010456


「新版 江蘇省012徐州 〜項羽と劉邦「兵家必争」の地」
(まちごとパブリッシング発行 デジタルパブリッシングサービス発売) 2,200円(本体価格)

  江蘇省、山東省、河南省、安徽省の省境が入り組む蘇北の大都市徐州。
中国有数の歴史をもつ街にして、
徐州をめぐって紀元前の『項羽と劉邦』に登場する英雄たちが戦いを繰り広げました。
また戦前の日本でベストセラーになった火野葦平『麦と兵隊』は、
徐州会戦をテーマとしたことも知られます。
「戯馬台」や「戸部山古民居」「五省通衢」「雲龍山」「雲龍湖」といった徐州の見どころ、
この街を都とした項羽などの人物の魅力をあわせて紹介します。
かんたんな図版、地図計17点収録。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010457




以上、今後とも「万能書店」を何卒よろしくお願い申し上げます。

-----------------------------------
 株式会社デジタルパブリッシングサービス
Digital Publishing Service. Inc
mailto:support@d-pub.co.jp
Phone_03-5225-6061, FAX_03-3266-9639
Office_東京都新宿区西五軒町11-13 清水ビル3F
-----------------------------------

閲覧数:24

次へ リストを見る