商品お届けの注意事項

万能書店の商品はすべて受注生産品です。ご注文を受けてから商品の製作をおこなう為、商品のお届けまでは日数を頂戴しています。

会員ログイン

ログイン 会員登録

キーワード検索

検索

企業バナー

 
 
 
 
 
 
 
 

首里城を求めて(琉球建築文化)

Classics&Academia
沖縄県首里市は、首里城正殿の取り壊しを決定した。これを知った鎌倉芳太郎は東京帝国大学教授伊東忠太に相談。伊東忠太は沖縄に向かい、首里城を訪ねてその建築を調査した。

「この数奇な運命にある首里城正殿保存のために、暖かい手をさしのべてくださることを強く願う。これは決して私ひとりの私情ではない。沖縄だけの問題でもない。私たちの国……いや世界の芸術のために大切なことなのだから」

伊東忠太の働きかけは、内務省を動かし、首里城は国宝へ指定されて、その姿は守られることになった。この話は、今から1世紀も昔の1923年から1925年の出来事だった。

2019年10月、首里城正殿、火災で消失。
 
ニュースが伝わってのち、2022年3月までのあいだに、日本中からさしのべられた「首里城火災復旧・復興支援寄附金額」は55億円もの額に達した。それは私たち日本人の、首里城への想いを示すようでもあった。

沖縄の誇り、日本の誇り、伊東忠太によってあらためて見いだされた琉球王国の至宝。

よみがえれ! 首里城。

The Discovery of Ryukyu Architecture
首里城を求めて
 
※本書は、1942年に発刊された『琉球:建築文化』(伊東忠太/東峰書房)を『首里城を求めて』として出版したもの。新たに章立てを行ない、現在、一般的に使われていない言葉や表現は現代語訳した。
 
首里城や琉球建築はもちろん、料理、信仰から琉歌、神話までを縦横無尽に記載したオキナワの「超」入門書。豊富な図版と写真で、読みやすい。旅行ガイド「伊東忠太と旅する琉球建築」を併録。

首里城を求めて/伊東忠太
第1章/沖縄へ
第2章/那覇のあらまし
第3章/琉球の信仰
第4章/首里城
第5章/琉球の建築
第6章/続・琉球の建築
第7章/郊外の旅
第8章/沖縄の出合い
第9章/琉球神話
第10章/沖縄を離れて
あとがき
伊東忠太と旅する琉球建築【前篇】首里城
伊東忠太と旅する琉球建築【中篇】琉球八社と寺廟
伊東忠太と旅する琉球建築【後篇】城(グスク)
見出された琉球アーキテクチャ
伊東忠太(1867―1954)
山形県米沢生まれの建築家、建築史家。東京帝国大学教授。日本建築の源流を求めて、中国、インドなどを踏査し、日本建築史を切り開いた。また1924年に沖縄を訪れ、首里城保存のために尽力した。平安神宮(1895)、明治神宮(1920)、築地本願寺(1934)は伊東忠太による設計。西欧の「Architecture(アーキテクチャ)」に対応する「建築」という言葉は、それまでの「造家」に代わるものとして伊東忠太が生み出した。

商品コード:MP368
出版社:デジタルパブリッシングサービス(まちごとパブリッシング)
著者:伊東忠太
B6ソフトカバー
328ページ
ISBN:978-4-86143-527-0
販売価格(税込):3,135


数量:

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません