商品お届けの注意事項

万能書店の商品はすべて受注生産品です。ご注文を受けてから商品の製作をおこなう為、商品のお届けまでは日数を頂戴しています。

会員ログイン

ログイン 会員登録

キーワード検索

検索

企業バナー

 
 
 
 
 
 
 
 
お知らせ

2020/06/25
万能書店 新規登録コンテンツのご案内 (2020年6月25日)

平素よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。
「万能書店」です。

ここ東京は通勤の電車もコロナウイルス感染拡大の前の状況に戻りつつあります。
しかし、再び爆発的な感染者の拡大にならないためにも、
引き続き三密になる状況は避けたいですね。

今回も新規に登録した7点のコンテンツをご紹介いたします。

是非この機会に、会員登録をされましてのご購入をお願い申し上げます。



【オンデマンド新刊情報】


●人文・宗教・キリスト教

「聖書外典偽典4 旧約偽典供(教文館) 5,400円(本体価格)

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010419


●人文・歴史

「北山C遺跡(第2〜7次)・西山古墳群発掘調査報告」(三重県) 2,150円(本体価格)

  過去の調査では、丘陵南斜面に広がる弥生時代後期と古墳時代後期の遺跡とされていたが、
  丘陵頂部の平坦面まで遺跡が広がることと古墳群の存在が明らかになった。
このため北山C遺跡の範囲を変更し、古墳については西山古墳群として新規に遺跡を登録した。
古墳は墳丘がすべて削平され、主体部が残存していたものは僅か3基(確実なものに限る)であった。
古墳55基の内訳は、円墳8基・方墳47基で、方墳が主体の古墳群である。
周溝から出土した土師器・須恵器から、概ね古墳時代中期から後期初頭の築造と考えられる。
古墳の脇にある長方形土坑は、木棺痕跡が確認できるものや、木棺固定用とみられる粘土の存在から、
大半は木棺墓とみられる。ほかに、縄文時代の陥し穴、飛鳥時代の建物・土壙墓などが確認された。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010413


「椋ノ木遺跡(第2次)発掘調査報告 −三重郡菰野町−」(三重県) 1,150円(本体価格)

  発掘調査の結果、竪穴住居5棟及び土坑1基を確認した。
  これらの遺構の時期は飛鳥時代と考えられ、それぞれの遺構から土師器及び須恵器が出土している。
この集落は、朝明川と三滝川に挟まれた扇状地の地域を開拓するために形成された可能性も考えられる。
こうした集落跡は菰野町内において、確認されたのは初めてであり、
この時期の集落の変遷を考えるうえで貴重な成果である。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010414


「八ツ手塚状地発掘調査報告 〜志摩市磯部町五知〜」(三重県) 1,150円(本体価格)

  当遺跡は、国道167号沿いの野川の右岸に連続する丘陵尾根上に位置する。
  道路改良事業に先立つ発掘調査で、表土下に盛土遺構を確認した。
これらはこの尾根上の高所に近世墓が隣接することや、
地形測量では楕円形の塚状の高まりと中央部の落ち込みが確認でき、
塚や盗掘された横穴式石室墳の可能性も想定された。
しかしながら、遺構とよべるものは確認ができず、
塚状地、東側平坦面のいずれも遺物の出土はなかった。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010415


「朝見遺跡(第3・4・6次)発掘調査報告 <第1分冊:遺構・木製品・分析編>」
(三重県) 3,200円(本体価格)
 
  朝見遺跡の位置する櫛田川下流域の沖積平野には、飯野郡の条里型地割が広がっている。
  今回の調査では、奈良時代から鎌倉時代の集落跡が検出された。
平安時代の蛇行する小溝から多量の土器が出土したが、なかでも多量の製塩土器が注目される。
また、鎌倉時代の木棺墓には漆椀や烏帽子、刀子等が副葬されていた。
他に掘立柱建物、井戸等が検出されている。
なお、下層から縄文時代中期から後期の埋設土器等の出土があり、沖積地での検出が注目される。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010416


「朝見遺跡(第3・4・6次)発掘調査報告 <第2分冊:遺物編>」
(三重県) 2,950円(本体価格)
 
  朝見遺跡の位置する櫛田川下流域の沖積平野には、飯野郡の条里型地割が広がっている。
今回の調査では、奈良時代から鎌倉時代の集落跡が検出された。
平安時代の蛇行する小溝から多量の土器が出土したが、なかでも多量の製塩土器が注目される。
また、鎌倉時代の木棺墓には漆椀や烏帽子、刀子等が副葬されていた。
他に掘立柱建物、井戸等が検出されている。
なお、下層から縄文時代中期から後期の埋設土器等の出土があり、沖積地での検出が注目される。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010417


「中道遺跡発掘調査報告 〜松阪市飯高町粟野〜」(三重県) 1,150円(本体価格)

  櫛田川中流域に所在する中道遺跡において、
13世紀および15世紀に属すると考えられる掘立柱建物2棟などを確認した。

 https://dps-ec.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000010418




以上、今後とも「万能書店」を何卒よろしくお願い申し上げます。

-----------------------------------
 株式会社デジタルパブリッシングサービス
Digital Publishing Service. Inc
mailto:support@d-pub.co.jp
Phone_03-5225-6061, FAX_03-3266-9639
Office_東京都新宿区西五軒町11-13 清水ビル3F
-----------------------------------

閲覧数:172

次へ リストを見る